「ウクライナ避難民への支援に関する緊急要望」を大井川知事に提出しました

 4月22日、田村けい子県議会議員ら茨城県議会公明党議員会は、大井川和彦知事に対し、「ウクライナ避難民への支援に関する緊急要望」を提出しました。
 県議会公明党は「国際社会の平和と安全を著しく損なう言語道断の暴挙に、あらためて断固抗議します」と、ロシアの侵攻に強く抗議。その上で、「ウクライナ避難民の筆舌に尽くしがたい心身のご苦労をくみ取り、きめ細やかに取り組んでいただきたい」と、大井川知事に要望しました。
 具体的に、以下の7点の対応を求めました。
  1. 通訳を介して担当者を明確にしたサポート体制整備
  2. 県営住宅などの住まい確保にあっては、家具架電、風呂など必要十分な用意。寝具はベッドに
  3. 食料品、日用生活品の継続的な支給
  4. 適切な医療の提供
  5. 長期滞在や県内定住を想定した職業相談と訓練
  6. 子弟への就学支援
  7. ロシア国籍の県民への差別防止
  こうした要望に対して、大井川知事は、県として国や市町村と連携してしっかり取り組むとの答えました。
  茨城県内には、現在6名の方がウクライナから避難生活を送っています。テレビ報道などから故郷を思い、そのストレスは私たちの想像を超えるものがあると伺いました。
  県議会公明党は、ウクライナから来られた避難民の皆さまのご苦労をくみ取り、安心の生活支援にきめ細やかに取組んでまいります。

Comments are closed.