大井川知事に「新型コロナウイルスワクチン接種に関する緊急要望書」を提出

5月13日、茨城県議会公明党議員会として、大井川知事宛の「新型コロナウイルスワクチン接種に関する緊急要望」を保健福祉部木庭愛部長に提出しました。
感染予防の切り札ともいうべきワクチン接種に関し、接種体制のさらなる強化とともに、予約環境の充実を実施して、接種を希望される方が一人ももれることなく安心して摂取できるよう要望しました。特に、接種のスピード上げるため、大規模な集団接種の態勢整備を求めました。
木庭部長からは、「この要望をしっかりと受け止め、万全の態勢で円滑なワクチン接種ができるよう市町村と連携していく」との回答がありました。
木庭部長の部屋には、とてもカラフルなアマビエの絵が掲げられていました。小学生がコロナ終息を願って届けてくれたそうです。
その切実な思いを無駄にしないよう、これからも感染拡大防止に努めていきます。

Comments are closed.