福島視察

5月14日(月)
茨城県議会公明党は福島第一原発の視察を行いました。
1~4号機の状況や、廃炉に向けての工程等について説明を受け、バスから視察を行いました。
原発の視察を終えた後、一社AFWの吉川彰浩さんのご案内で、双葉町、富岡町、浪江町など周辺地域の状況も視察しました。浪江町では、請戸海岸の復興状況調査を行い、かつて漁港としてにぎわったこの海岸に船は戻って来たものの、風評被害を恐れて漁のできない現状。帰還困難地域にはりめぐらわれたバリケードや、7年間、手を付けることのできない家々の様子に、重い課題をつきつけられました。
大変有意義な視察となりました。

Comments are closed.